楽園は錠剤の彼岸に



YouTube版はこちら

きのう6月3日に新曲『楽園は錠剤の彼岸に』を投稿しました。
前作『樹海を歩く』の流れを汲む鬱々としたテクノポップ?ボカトロニカ?です。
曲はこれまた前作と同じくShibosym Vs. 新橋ゆでお送りします。ボカロも前作同様東北ずん子。

今回は嫌な現実から逃げようと錠剤を飲み込み、一瞬は現実を離れたものの結局は現実に戻ってしまう・・・というお話です。
生きていれば嫌なことばっかりです。それに対して逃げるのか向き合うのか、という二択がよく問題にされますが、
その二択にすら辿り着けない段階だってあるんじゃないかなーと最近思います。
そもそも逃げるか向き合うか選ばなきゃいけないの?みたいな。
今回の曲はそういう段階で現実を突きつけられて思い悩む話です。

だいぶ抽象的ですが。
要は前作に引き続き、現実逃避する曲です。

音楽的には、カオス感とその後の開放感でトリップしたような雰囲気が出るように工夫したつもり。
実は制作順としては『樹海を歩く』の前に作った曲なので、
比較的シンプルな構成の『樹海』に比べてややうるさいくらいの情報量があります。
これがカオス感に繋がってる・・・といいなぁ・・・。



さて今後の話です。

6/17~6/19に開催予定のpixiv主催同人音楽頒布イベント「APOLLO」第6回に、
サークル「新橋発動機」として参加予定です。

詳細は来週あたり改めて告知しますが、
今回の楽曲『楽園は錠剤の彼岸に』と前作『樹海を歩く』を収録したシングルの頒布となる予定です(物理CDの頒布はナシです)。
デジタル配信とはいえ初めての頒布なので十分気合い入れて作業しています。
が、まだマスタリングが終わっていません!
来週無事告知できるように制作を続けていきます。
プレビューウィークには間に合わせたい・・・。



スポンサーサイト
プロフィール

Shibosym

Author:Shibosym
Shibosymと書いてしぼしんと読みます。
ボカロ曲聴いたり作ったり。

Twitter
楽曲リンク
私の作品は以下よりどうぞ↓


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク